[PR] レーシック ラティング+2009年05月
FC2ブログ
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2009年 05月 31日 (日) 17:48 | 編集
昼の部の席は3列目、中央より。
近い。
丼メンは1杯目も参加しました。落第してます。(笑)
前説のアクセルくん、宮田さん可愛すぎる。
アクセル日記可愛い。宮田さんも森川さんも。
トーク。
占いではスタミナ丼の森川さん。
もともと私は吉野家派だったけど、これからは松屋に鞍替えしようと思う。
まさかのラブミーテンダー。相変わらずセクスィ。
Longを聴くのも久しぶり。
お久しぶりのドン・タコス先生。
メン・マズミ先生の顔は濃かった。
やはりすげぇ。
校歌が相変わらずカオス。
高等学校、っていうのは高等な学校って意味ではないんですか?(笑)
考案した丼ぶり、まずそう。
いちごだけ食べたかった。今回のは楽屋で食べるんだろうか。
森川さんが急に男前な声色になったときはまさかと思いましたが、またもやゴウきた。
ガイとかレイとか。
美食声優にはなれなかった森川さんが愛しいです。
浪川さんのセーラー可愛かった。

最後の校歌のときに、私は森川さんと目が合ったと信じています。
むしろ森川さんは私のことを覚えてくれていると思うという妄想。
いやいや、事実そうだったと思うよ。
最後の最後に手をタッチしてきました。

うはあ、幸せ!

夜の部も楽しみです。
3杯目は2階席からの観賞。待ってます、森川さん。
遠いなあ。
スポンサーサイト




2009年 05月 30日 (土) 20:50 | 編集
昨夜はクラスでの誕生日会がありましてー、参加してきました。
某好みの男は今回不参加で残念な感じです。
なんやかんやで今回も4次会で、朝までメンバーの1人の家で語り明かしました。
男の家に初の外泊ですぜ。(笑)
恋の話とか、これからの話とか、夏休みに遊びに行く計画の話とか、変な話とかいろいろとしてきました。楽しかった!
私はいつのまにか途中で寝ちゃって、久々に床で寝たもんだから全身痛いです。
加えて数年ぶりにボーリングなんて行ったから、筋肉痛で腕も痛い。
足も痛い。

バサラ9話は悲しかった。

一昨日届いた逆転検事は今3話。
課題とか飲み会とか父親の「ドライブ行こうぜ」っていう誘いとか課題2とか睡魔とかに阻まれ、なかなか順調に進んでいかないのが悲しいです。
御剣ー。大好きー。
新キャラのロウさんもいい感じ!うん、イイ!!
私が買ったのは当然LIMITED EDITIONですが、今だ同梱のものは手付かずのまま。
一通りゲームを終わらせてからじっくり堪能しようかと思います。
これ書いたら早速プレイするのです。

明日は待ちに待った丼メンですね!




2009年 05月 28日 (木) 18:35 | 編集
20090528183526
きたあ!

でもこれから明日提出の課題をやらねばなりません。
や、やりたいよ・・・。




2009年 05月 25日 (月) 17:53 | 編集
昨日のシンケンジャー。
先週は流ノ介が大変な回でしたが、今週は千明が頑張った回でしたね。
相変わらず流ノ介は可愛いなあ、とか思いつつ。
殿もいいなあ。「命令だ」とか格好良かった。
流ノ介のボケっぷりが愛しい。

同じクラスに超絶好みな男がいます。

その人を眺めるのが最近の愉しみです。
笑顔。高めの身長。長い手足。短髪の黒髪。細腰。
何もかもがモロ好み!

ニコっと微笑みながら「バイバイ」何て言われたら、
キュンとしつつ、
あー!くそ。堪んねぇなぁ、おい!とか思ってるものです。
自分の思考に自分でビックリした。(笑)

加えて細腰。
抱きたい!犯したい!(腐女子的思考)とか思ったり思わなかったり。
(まあ、実際思ってるんだけど)死んでも本人には言えません。
総じて、恋する(?)乙女の発言ではない。

もっともっとお近づきになりたいものです。

丼メンまでとうとう1週間切りましたね!
楽しみー。




2009年 05月 23日 (土) 12:07 | 編集
ざっくりとバサラ8話の感想いきますぜ。




2009年 05月 18日 (月) 23:47 | 編集
戦国BASARA
第七話「~略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負~」

とってもテンションが上がったので、久しぶりに感想とか書いてみる。

今回もまた凄まじかった。




2009年 05月 16日 (土) 18:43 | 編集
カラオケ!
バイト中に確認したら、
uga plusに『Drive me crazy』のPVありが配信されていた!!

歌いにいかねばー。




2009年 05月 13日 (水) 19:50 | 編集
丼メンのチケットが届きましたよー!!
今回は2杯目と3杯目の両公演に参加です。楽しみです。
現在、必死に面白いおたよりの内容を考えているところであります。

『聖砂国DX!復路』が届きましたよー!!
今聴いている最中ですが。
あー・・・堪らない。やばい。萌え死ねるねコレね!
大好き!

あと、先日池袋で買い物をしてきたときに『獣王星』の漫画を買ってきました。

獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)獣王星―完全版 (1) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)
(2006/03/04)
樹 なつみ

商品詳細を見る


獣王星は、随分前にアニメ(たぶん9話)をチラッと見たことがあるだけで。
その時、そのチラッとの少ない情報で、「ああ・・・、獣王星はホモアニメなんだな」とか思っててゴメンナサイ。(笑)でも、ちゃんと漫画読んでアニメも見て、それでも尚、ザギとトールはガチだと思うのはありでしょうか。
ザギが格好よすぎる。
あの声(中井ボイス)で『惚れた女』とか言われると叫ぶしかありませんね。


うわああああああ!!!(今、トラック15)

「ごめんね」

わあああああああ!!!!!!!
耳が蕩けてしまうわ!

大好き!!




2009年 05月 08日 (金) 23:01 | 編集
長かったですね。
えっ、いつ発売されたの!?と思ったら、実はその日が発売日だったらしい。
素晴らしき運命。

タイトロープダンサー〈STAGE4〉 (リンクスロマンス)タイトロープダンサー〈STAGE4〉 (リンクスロマンス)
(2009/04)
久能 千明

商品詳細を見る

タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (リンクスロマンス)タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (リンクスロマンス)
(2009/04)
久能 千明

商品詳細を見る


三四郎の男前っぷりが堪らないです。
カイ、なんて凄まじい誘い受け!

しかしまあ、全巻のあらすじ云々なんてすっかり抜け落ちているので、現在1巻から読み返し中です。愛してる三四郎。




2009年 05月 07日 (木) 23:07 | 編集
昨日の続きな感じの日記になります。

昨夜、眠い頭を必死に動かしながら設定を考えましたが、実はその授業は明日だったというオチ。
しかもそのメモを今日になって読み返してみたら面白いことになっていました。


*人物設定
・兄
サラリーマン
趣味:料理

頭がよく才能もあるため、大学卒業後は一流(いちながれ)会社に就職した。
会社ではエリート然としているが、素はかなりの面倒くさがりで無表情で無愛想。口も悪い。
料理の腕には定評がある。
友人は一応いて、よく勝手に自宅へ転がり込んで食事をしていったりもする。
広いキッチンが欲しい。
愛車はフェラーリ(赤)。

・弟
美術大学学生
趣味:絵を描くこと

内気な性格であり、初期の鬱状態である。人見知り。
時々目的もなくフラリと家を出て行く。
兄の作った料理が好き。
絵を描くことだけに喜びを感じ、唯一自分を解放できるもの。
優秀な義兄に劣等感を刺激され続けている。
才能はある。
アトリエが欲しいなあと思っているが、兄には言えない。(でも実は兄は気づいている)

*ストーリー
実は兄とは血が繋がっていない。
もともと母親は兄の父親の愛人であり、その連れ子として引き取られた。
今住んでいる家も、愛人であった母親が貰ったものである。
愛人であったが、本妻の死去によってその座に転がり込み、本家に住むことになる。
それによって弟はその家を正式に譲り受けることになった。
高級住宅地に立つ広い一軒家に一人暮らしとなるはず、だった。

しかし、前々から愛人の子供に興味のあった兄が弟に近づこうとする。
「いい家だな、俺も住ませろよ」の言葉とともにちゃっかり住み着いてしまった。
気の弱い弟は反発できず、さらに迫られても抵抗ない。
(中略)
恋人同士になる。
これから一緒に住むにあたり、今の家ではあまり使い勝手がよくない。
そして、二人はリフォームをすることになったのであった・・・。


とまあ、昨夜書いたメモに補足を加えたらこんな有様!
兄、弟の横に『受け』『攻め』が書かれていたときは驚いたよ。(笑)
無意識に何をしてんだよ。

最終的に完成した計画書は、まあ、若干設定を変更。
でも結局兄弟で住まわせてます。
裏設定では、2人は完全に出来上がっております。(笑)




2009年 05月 06日 (水) 21:16 | 編集
明日までに完成させなければいけない課題をGW最終日になって思い出しました。

家の設計をする上で、その家の人物(20代の若い2人か、60代の熟年の2人)の設定を考えるものなんですけど、これが結構作りこまなくちゃいけなくて、まあすっかり忘れてたっつーね。
加えて、参考資料は学校という。やっちまった。
大体は頭に入ってるからそこまで問題はないのですが、設定を考えようにも良い案が思い浮かばない。

先生曰く、「人と違うものを作りなさい」と。
難しいことを言ってくれる。

何か職業とか参考になるものはないかなーと、部屋の本棚を漁るものの、BL本なんて学校に提出できないようなエロい設定ばっかりだ。私の本棚なんてそんなんばっかりだ。

ちなみに、2人は別に男女でなくってもいいらしいです。
ん、男同士でやれってか。(笑)

・奥州筆頭とその右目
・魔王陛下とその護衛
・真選組副長と万事屋

これは無理だね。
ちょっと現実的にいくなら、先生と生徒とか、検事と弁護士とか?
大学生と歯科医とか、サラリーマンとモデルとかでもいいんだけどなー。
やっぱり無理かなー。

ちなみに、ネタとかでなく1番に思い浮かんだのは、
社長とその愛人という設定でした。

社長(妻子持ち)は金にものを言わせて若い愛人を囲います。
高級住宅地に用意した家に住まわせ、もちろん生活費も全て社長持ち。
その家はあらゆる箇所に社長好みのセッティングがされています。
明るい玄関に吹き抜けのリビングと広いキッチン。
落ち着けるダイニングでは愛人がピアノの演奏とかをします。
オーディオ設備も完備。社長の最近のブームはオペラです。
寝室には無論キングベッド。天蓋は趣味ではないのでありません。
バスルームはガラス張りか、無駄に広くて薄暗いムーディな感じ。両方あってもいい。
薄暗い地下には牢屋もあります。
庭にはキンモクセイの木が植えられており、秋には強い香りを辺り一面に漂わせます。
とにかく、ありとあらゆるプレイに対応できる造りとなっております。

いろいろと妄想は膨らみますが、さすがに発表するのは恥ずかしいのでやめました。
てかね、本当こんな使えない妄想をしている暇はないんだ。

これから、本当に使う家のプランを立てます。




2009年 05月 06日 (水) 00:21 | 編集
バサラ祭の感想を書こう書こうと思いつつ、時間だけが過ぎてゆく。
とにかくもう、バサラ祭は最高でした。

ざっと感想。
DVD発売はいつですか?




copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。