[PR] レーシック ラティング+はじマりの旅感想~3章~
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2006年 08月 08日 (火) 19:38 | 編集
 はじマりの旅、第3章感想。
トトはコンラッド狙いですので、予めご了承ください。

では、ネタバレ満載の感想文へ!







  
  
 原作通り、ユーリとムラケン、水族館デートv
・・・おおっと。私はあくまでコンユ派です。
村ユ反対!(笑


 ユーリがバンドウくんと戯れるということで、羨ましがる村田。

「いいなあ、渋谷!いいなあ!」
村田・・・と言うか宮田さん。
めちゃ可愛いっす・・・vv

 そして、今回初めて『説得』コマンドを使いました。
ヒゲ長ラッコってヤツに。
少しダメージを加えてからやったら、見事和解に。
さすがはゆーちゃん♪(笑
 そしたらコンラッドが「すばらしい判断です」って。
褒められたぞ。わーい。(コンラッドが褒めたのはユーリ


 夜の砂漠に到着。
昼と比べて寒い、ってゆーちゃんが。
寒いんですって。ゆーちゃんは寒いんですってよ、コンラッド!
そうこうしていたら、コンラッドは見事、私の求めている行動に出ました。
「体をくっつけていた方が暖かいですよ。」
エ ロ い ・・・vv


 ニコラと、結婚式場控え室にて遭遇。
ニコラって本当にいいですよね~。
発言が。(笑

「いかにも駆け落ちって!どこがだよ!
というか、どんな風情!?」
「そう見える?」 (おいッ!)

なんかすげー・・・さすがはコンラッド・・・。
そう見える?そう見えるって・・・。(汗

うんッ!バッチリそう見える!!(笑


『幼い時から目を付けて、自分好みに育てよう作戦』
通称、紫式部計画。(笑
 ずっと離れてはいたけれど、実際、幼い時から目を付けましたしね。
コンビニで抱いた時に、もうしっかりと。売約済み。
ゆーちゃん札付きー!


「ていうか、コンラッド!見つかっちゃう!早くかくれて!」
「どこに……!?」

ホント、どこへ隠れるんだよ!コンラッド!!
すると、どこかへ消えるコンラッド。
一体どこへ・・・?

(大丈夫?コンラッド)(なんとか……)
・・・って!!コンラッドどこ?!
えぇっ?!ゆーちゃんドレス姿ですよ!歩いてますよ!
回りに隠れるとこなんてありませんよ!
ま  さ  か ・・・(滝汗

と、思ってたら・・・そのまさかでした・・・。
 コンラッド・・・。
大丈夫といいながらも、大分無理あるんじゃありません?
ドレス下なんて狭いでしょうし、何より・・・・・・ねぇ。
理性と欲望の中で、非常に大変だったと思ふ。(笑



コンラッドがユーリのドレスより出現!
見事、変質者呼ばわり!!
いやー事実その通りですから。(笑

 この時のスキル画像がまた凄かったですねぇ・・・。
お姫様抱っこだなぁんて♪
やったよ。やりやがったよ、この男!!
 しかもウエディングドレスでの姫抱き!
駆け落ちプレイ(殴)なんでしょーか?

「やめろって!下ろしてくれよ、コンラッド!
お姫様抱っこはマズイよ!」
「だって、そのドレスじゃ走れないでしょう!」

コンラッド・・・・・・チョーエロい・・・。
コンラッドのセリフっつーか、森川さんの言い方が。
「走れないでしょう」じゃなくって、「走れないでしょっ!だと思うんですよね?
小さいつーと、エクスクラメーションマークが付いてますって。あれは!
 森川さん、さすがです。
確実にツボを、ピンポイントで突いてきています・・・vv


エロいよ~コンラッド~森川さ~んvv

てか、ホント。マジで冗談抜きでエロいからッ!!


「俺たちは、その……見ての通りの駆け落ち者だ!」
「ええー!?」

グウェンダルが言っても、普通にその場凌ぎの嘘だと思えます。
しかし、コンラッドが言うとものすご~く 如 何 わ し く 感じます。(笑


「花嫁衣裳を着替えさせろ!見苦しくてかなわん!」
「そうか?俺は結構、可愛いと……。」

よくわかってんじゃん!あんた!!(笑



「それでは、まだ、その男に対する愛情は冷めていないと言うんだな?」
「そういう問題じゃない!」
じゃあどういう問題なのよ!(笑
 「ああ、そうさ。」を最初選んだんですけど、コンラッドはあまり悦んでくれませんでした・・・。
なぜ?!どーしてなのよ!!(不満




「離せ!コンラッド!コンラッド!」
「ユーリ!」
「コンラッドー!!」

えーあーうー・・・あんたら、どこのカップルですか・・・???
これってオフィシャルのゲームですよねぇ?(汗
熱々すぎだ・・・♪

「熱々だね……。」
裁判官が、私の思っていた、そのままのことを言ってくれました。(笑


「ふん、裁判ではずいぶんと熱烈だったそうだな。
帰ったら覚えていろよ!」

それ聞いたときのヴォルフの心境もまた凄かったんでしょうねー。
本人たちの状態も、充分凄かったですが。

 大脱走(元祖ごーじゃVer.の方)のドラマCDみたいな感じっすか?
妄想が暴走?(笑
 お相手はグウェンダルでなくコンラッドだから、もっと凄い妄想だと思います。
なんたって、妄想じゃなくても充分なことやっちゃっているから!(笑


 なんやかんやで第3章もしゅ~りょ~♪
4章はあれですねvv




第3章終了時ご寵愛トト
【第3章終了時ご寵愛トト】
やっほう!ぶっちぎりv

スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。