[PR] レーシック ラティング+閣下とマのつくラブ日記!?
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2006年 12月 31日 (日) 18:28 | 編集
 
閣下とマのつくラブ日記!?

どこから感想書いてきゃいいのかわからない。
てか書きたいことが多すぎる。困った。

まずジャケット。
ゆーちゃんかわいいっ!
王冠が落ちそうで落ちないところがツボです。(笑
そしてコンラッドがもう、ねぇ♪
テマリさんのコンラッドって、やっぱり素敵♪

ヴォルフラムは可愛いんだけど、ギュンターが主役なはずなのに何気小さいよね。
裏のグウェン様のほうが大きいし。でも裏だから?

さて、中身の方も感想。



>トラック1「プロローグ」

頭の上にメガネを乗せるギュンター。見てみたい。(笑

>「最近は虚礼を廃して、その分の費用を新生活の資金に充てるという人も多いらしいですね」
コンラッドはそのタイプ?
そうか。コンラッド、結婚式は細々とやるのねっ!
ゆーちゃんと二人っきりだけでやるんだ♪(笑

『おさまえる』は、埼玉の方言なんですねー。
へぇーって感じ。私のおばーちゃんとかが普通に使ってます。
『ひゃっこい』とか『うっちゃる』とかもその部類?
意味はわかるけど、あんまし使わない。


>トラック5「夢芝居」

二人が一緒にうたた寝しちゃったために、村田の夢に引き込まれるユーリ。
それは実際にあったことで、でもしょせん夢だろって。
そんなユーリに、なんだか村田も救われたのだろうか?
そして村田。

「ありがとう、渋谷。・・・・・・大好きだよ

にはもーうやられました!!
ときめくわ~♪素敵素敵♪
宮田さんの「大好きだよ」はもうホント素敵!
原作にこんなセリフあっただろうか、と思ったけれど、ないよねー。

グウェンダルの夢は面白かった。
16歳のヴォルフラム@斎賀さん超かわいー♪
「だいだいだいだいしゅき」が、やばい!
グウェンダル嬉しそうだなー。(笑

魔族年齢16歳のユーリ@櫻井さんは、かわいかったv
大分無理ある気はするけれど、そこがまたご愛嬌。(笑

グウェンダル@大塚さんの
「いいではないかぁ」
は、どこぞのお代官様だよっ!て感じで。
ゆーちゃん、脱がされちゃえ!(笑

ヴォルフラムの夢。
やっぱりヴォルフラムの普通はツンデレなんですねー。
最後の、「こうかにゃん?」には爆笑しました。
ゆーちゃんてば、猫耳萌え?(笑

目を開けながら寝るコンラッド、怖いよ!
ちなみに格好はどんな?
パジャマか、軍服のまんまか、上半身裸か。
でもって体勢も気になる。
ベッドに寝てるのか、立ったまんまなのかーとか。
何はともかく、目を開けながら寝るのはやめよーよ。

コンラッドの夢!
やばいっ!素敵!
赤ちゃんユーリに囁きまくってるよ、コンラッド!!
森川さんの甘い囁きに、超キュンキュンしましたーvv

現代版(?)の時の声とは大分違うから、やっぱり意識しての囁きなの?
赤ちゃん相手ですしねー。
まったくもって、ユーリが羨ましい。
超顔近いところで囁かれてるんだから!(笑

「なんだよこの夢」って言う櫻井さんの声がすごく切なくって、
私まで哀しくなってきた。
櫻井さんの声って、ホント良い。


>トラック6「編集会議3」

『ウェラー卿とユーリ陛下だけ祭り』には、私も行ったなー(笑


>トラック7「サイン会」
サイン会っていうからには、ギュンターぐらいしか出てこないのかと思った。
だから、いきなりコンラッドが「ユーリ」って言った時には驚いた。
そしてときめいた。ドッキュンvきました。(笑

コンラッドもギュンターの本を読んだことがあるようで。
本の内容を徒然と話してくれちゃってます。
白々しく否定してますけどね。へたれめっ


>トラック8「ヒトリの夜」

「こんなに広い部屋だったっけ」
と、ユーリ。まるで自分の部屋のよう。
・・・やっぱり(いろんな用途で)使ってたんだよ!
この部屋に来ると、コンラッドとの(いろんな)思い出が思い出されて辛いだろう。(笑い
そしてこの辺で、なんだか時間軸がわからなくなりました。

てか、このトラックやばいんじゃない!
ち ょ う コ ン ユ ・・・ っ!(嬉しい)
このときの櫻井さんの声は、すっごい悲壮感が漂っててv
ここのセリフの中で、「あんたがここに」って部分がすごく好き。
泣きそう、めちゃ泣きそうな声色!
ホント声優さんって魔性だよなー。


>トラック9「エピローグ」

ビン底メガネをかけたコンラッドを想像したら、爆笑しました。
宮田さんの「ふっふっふー」が、かわいい!!

ムラケンズ(もとい今回はメガネーズ)は面白いよ。
村田のボケと、ユーリの突っ込みが本当にw



冊子の最後の小説。
こんなのが入ってるとは思ってなくて、少し嬉しかった。
>「誰が萌えているか」
(注:偏見に偏りまくっためちゃくちゃな妄想が入っていますので、予めご注意ください)

とにかく、うひゃひゃっ♪って感じです。
思いっきりニマニマしつつ読みました。

>「あの方(コンラッド)って女性と付き合っても、
交尾も運動みたいに済ませそうじゃない?」


同感!!(笑
私も、何を隠そう(隠してないけど)そう思ってました。

てか、なんだろう?運動っていうか、性欲処理って感じ。
街中歩いたりして、言い寄ってくる女性がいたら『据え膳食わぬは~・・・』って感じでとっ喰らう。
あとは娼婦を買ったりとか。

愛を囁いたりもしても、それは上辺だけのもので、感情は伴わない。
やっぱり運動!そして性欲処理!!
好青年ずらをしていても、中身は腹黒いですから。
でもって鬼畜っぽい交尾(笑)が好きだと思う。

本気で想える相手がずっといなくて、そんな感じの(性)生活を送っていたのです。


私のコンラッドに対する、偏りまくった妄想です。
もちろん、ユーリに会う前ですが。
(注:コンラッド大好きです)

>「ウェラー卿は晩生な陛下に手取り足取りお教えになるんだわ」

この辺の描写がマジ最高!
喬林さんて、ホントこういう表現が上手だと思う。
思わせぶりって言うか、そういう感じの!

ここで話している女性たちの仲間に入りたい。
一緒にコンユ萌えを語りたいなー♪(笑
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。