[PR] レーシック ラティング+アスカ4月号
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 02月 24日 (土) 22:31 | 編集
 
Asuka (アスカ) 2007年 04月号 [雑誌]
Asuka (アスカ) 2007年 04月号 [雑誌]


まるマの感想。

□今日からマのつく自由業!
>第20話「魔剣、発動」

扉絵からコンラッドさん。こんにちわw
カッコいいんだよ、ばかっ!

―――命に代えても、陛下をお守りいたします。

ひっひっふー・・・(落ち着け、自分)。
あぁ・・・萌え、だねv



前回に引き続き、死刑場にて、リックと闘うユーリ。
野球の要領でリックを討つ。
何気こういうところで強いですよね、ユーリって。
最初の決闘でだって、ヴォルフラムのことも倒しちゃうしさ。

ご老人の命を吸い取って発動される、魔剣・モルギフ。
観客パニック。モルギフの暴れようにユーリもピンチ。

そこへ登場、コンラッド。

―――ユーリ!

ユーリユーリユーリユーリユーリ・・・・・・(脳内エコー)

今回もうこっから、前話でコンラッドの登場が少なかったのがわかった気がする。
この回のための補給だったのよ。
コンラッドったら出ずっぱり。

剣を下に下げさせようとするけれど、ユーリ一人じゃ出来ないっぽくて。
そこへコンラッド、ユーリの手(含むモルギフ)を、がっ、と握る。
わっ!握ったぞ、手を!!
モルギフを握ったために、手をじゅーじゅーいわせつつ、コンラッド。

―――いいですか
―――ゆっくりと下に・・・・・・


なにをレクチャーしてんだよ!?(卑猥なもーそー)
後ろから回って手を握ってるから、体勢もユーリの体を抱え込む形になってんのです。

す て き ・・・ v (笑

ユーリにのみ聞こえる、モルギフの声(?)。
不振に思ったユーリは、コンラッドに「なんか言った!?」と尋ねる。
「いえ?」とコンラッド。

・・・ちょい待て、顔近いよ!
前の額ごっつんこーみたいな近さじゃないけれど、これはこれでくるわ。
やることなすことの端々に2人の近さがある。そして萌えがある。

名を呼ばれ、一時おさまるモルギフ。
「やた・・・・・・」と、へたり込むユーリの腰に
コンラッドの手
触れていそうで触れていない、その微妙な加減がなんとも言えないv

息子が病気な奥さんにお金を渡そうとするユーリだけれど、魔族だからって拒否されちゃう。
意気消沈気味なところに、コンラッドの専売特許(名:イイとこ取り)発令。
大好きなユーリを慰めるように、俺の父親は呪われてないよーって言って。
あ、ここでもまた顔近いんだよな。サービスとしか思えないような接近ぶり。
・・・テマリさん万歳!

船から手を振るツェリ様。実にセクシーでいらっしゃる。
いつも思うんだけど、テマリさんの描く女性ってホント素敵ですよね。
可愛い子はひたすら可愛いし、美人は非の打ち所がないくらいとことん美人。

可愛らしい陛下に、ツェリ様抱擁。
進展がなくて残念。いろいろ想像してたのにー、というツェリ様。
進展、ないのかよ。つまんない。(笑
「ナニを!?」って、背中で驚愕を表すユーリが愛しい。

コンラッド、「そんなことより」って話を切り替えてる。
無理矢理変えようとしているこの男のセリフには、なんかいろんな含みがありそうでヤダ。
ユーリをモノにしようとしてたのに出来なかったからその話題には触れんじゃねー、みたいな。
あぁ、萌えが止まんないじゃん。

すっといなくなったコンラッドがヨザックの胸倉を掴んだところで次回。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。