[PR] レーシック ラティング+スレイヴァーズヌード感想
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 03月 02日 (金) 19:35 | 編集
 

スレイヴァーズヌード


>原作:華藤えれな/イラスト:雪舟 薫
【キャスト】
櫻井孝宏:倉橋柊一、森川智之:冴木鷹成
堀内賢雄:若宮法顕、成田剣:山脇滋
結城比呂:倉橋桔梗、他

ようやく私の精神状況が落ち着いてきたので、ようやく書けます。
「スレイヴァーズヌード」の感想。
ずっと書きたかったんだよー、ホント。
だけど気持ちが盛り上がりすぎて、どうしても書けなかったから。

以下ねたばれ感想。



今回の「ヌード」は、
前作、「キス」「ラヴァ」のギッスギス状態に比べ、大分甘さが加わってきた感じがします。
だけど、二人の仲は相も変わらずな様子。
3歩進んで2歩下がるー的な感じです。
だけど少しは近づいたんだね、うん。

時期は大分季節はずれのクリスマス。
(その辺を気にしてたら、発売を来年まで待たなきゃいけないんですけど/笑)

今回のCD、原作からいくつかエピソードが省略されてて、その辺がちょっと残念でした。
『柊一様の写真売買』とか。
柊一の「言うなっ」が聞きたかったかも。

お風呂でちゃぷちゃぷなシーンも良かった。実に良かった。
柊一@櫻井さんの、必死にこらえる甘い声とか、
色気ありまくりな声で囁きまくる冴木@森川さんとか、
効果音としての「ちゃぷちゃぷ」感が、実に良い!
もーホント、お風呂は好きですv

結局そこで果てた後の、後悔する柊一が可愛かった。


もう何と言うかっていう感じ。

冴木に彼女がいるんだ、と勘違いする柊一が実にいたいけ。
勘違いしてやきもちを焼くぐらいなら(焼いてるのか?)素直になればいいのになーと。

ちっちゃい頃の柊一ヴォイスな櫻井さんが、不意打ち気味でけっこーびびった。
かわいいv

雷に怯え、冴木を「ばか」と罵る柊一@櫻井さんが
すっげー可愛いvv
泣きの入った櫻井さんの演技は、甘ったるくて素敵すぎる。
柊一は罵る言葉ぐらいでしか、冴木に甘えらんない様子。
そこへ、計ったかのように現れる冴木。

「最低・・・。お前なんて、最低の人間だ・・・」
「悪魔、化け物、獣・・・。今までいろいろ言われてきましたが、ようやく人間に昇格しましたか」


苦笑気味で、最低と言われつつも嬉しそうな冴木。
この辺がですねーすっごく切なげ。
怯えた柊一が冴木に甘えたくなって、だけど素直になれないんだけどそれを冴木はちゃんと受け止めてて。
そういうところがホント、すっごくいいのよ。アナタタチv


柊一様を好きすぎて思わずイロイロやっちゃったーwな、
山脇先輩@成田さんの 再 登 場 。
前回の「キス」より、また妖しさが加わっている感じ。
一癖も二癖もありそーな。
本当に改心してるのか?と思えるところなんか、やっぱりさすが成田さんだわ。(笑
てゆか実際問題、先輩は改心したの?その辺がわからない。

冴木と話し合い、必死に歩み寄ろうとする柊一。
だけど冴木は、なんか捻くれてるよ。
冴木に感謝したい、という柊一@櫻井さんの声がすごく切ない。

「だから私は、あなたに敗北感を・・・」
「一度でいいから、私の場所まで落ちてきてください」


冴木。どっから『だから』に繋がるのかわからない。
だけど・・・冴木@森川さんサイコー・・・vv
自分が自分でなくなる、と言う柊一に冴木。

「だから嬉しい」

身体だけは自分のところに落ちてきてくれる。
このときの森川さんの切なげな演技がすごく良い。
冴木の柊一への想いも加わって、もう本当良すぎる。

一夜明け、外は雪で銀世界。
柊一を抱いて雪を傍で見ようとする冴木。
前夜の言葉を撤回するように、決意を言い直す冴木。

「柊一様、あなたは私のところに落ちてこなくてもいい。
私が・・・あなたの場所に上っていきます。これまでも、これからも」


冴木の決意!万歳!!ここ、すごく好きです。
頑張れ冴木!!みたいな。
ホント、冴木に頑張って欲しいと思った。
冴木にとってはやっぱり、柊一様は高貴すぎる存在なんですよねー。


若宮から、「冴木は君のことが好きだ」と宣言される柊一。
それに柊一も動揺しまくって、冴木のことを少なからず意識しているようで。
ちょっと距離が近寄ったよ、わーい。
「来年のクリスマスには必ず」と宣言する柊一。

なんか明るいね。
今までなかったほどに明るいラストのセリフ。
なんだか、柊一も幸せそうで嬉しい。
この2人には、本気で、幸せになって欲しいの。


スレイヴァーズシリーズの本編には珍しい、フリートークもあり!
声優の方々が、演じている物語をどう思っているのかわかるし、フリートークって本当に好き。
だけどまあ、前作までのにはいらないかなって思わないでもない。

さて、「スレイヴァーズディア」の発売はいつでしょう。
楽しみだなー。
そして原作も。続きを早く!
気になるー!次回はもっと甘くなって欲しいデス。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。