[PR] レーシック ラティング+彩雲国物語 #1
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 04月 08日 (日) 09:29 | 編集
 
彩雲国物語
>第1話「わが家に勝る所なし」

第2シリーズの始まり。
待ってましたの影月編(だよな?)!



彩雲国物語(心は藍よりも深く)



今回爆笑したのは悉く酔っ払った静蘭。

表情は普通で、顔も赤らんですらいないのにデロデロな男。
挙句の果てには、お嬢様に対して

―――飲んでますよ。悪いですか

あまりに真剣な表情でそんなこというもんで、思わず笑った。
そのうち水桶に躓いたりして、その桶をそのまま被り続けたり。
早く取ろうよ、この酔っ払い!(笑)
静蘭のあまりの酒癖の悪さに大爆笑。いつからお笑い担当になったんだ。

彩雲国の世界では、現在正月だということで、玖琅が絳攸に新年のご挨拶。
絳攸がいずれ黎深を次ぐならばその条件は、『秀麗との結婚』。

とうとうきましたね、この宣告。

慌てて混乱して自棄酒に入る絳攸が可愛い。
パニくる絳攸を何よりも楽しみにしてたの、私。(笑)

そして果たして、玖琅と邵可様との話し合いは出るのか?
ぜひ出て欲しい。
『秀麗以外の誰が黎深を~』うんぬんの会話を聞きたい。


仕事をしてる影月と、傍にいる香鈴。
あれ。この時点で香鈴っているもんだったっけ?
と思いつつ、そういやこれは影月編だったなーと感慨にふけってます。
影月と陽月と、香鈴との波乱万丈な展開に期待してます。
原作は読んで泣いたけど、アニメは泣けるだろうか。
とにかく楽しみ。

***

てゆか、楸瑛。

てかてか森川さんなんですが
ちょっと、声が色っぽすぎやしませんか?
朝っぱらからこんな声を放送してていいのか、と思った。
楸瑛@森川さんはとにかく素敵。好きすぎる。

彩雲国って絵も綺麗。だから余計身悶えするんだなー。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。