[PR] レーシック ラティング+彩雲国物語 #5
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 05月 05日 (土) 14:44 | 編集
 
■彩雲国物語
>第5話「愛は惜しみなく与う」

璃桜が活躍(?)してます。
この人、ギュンターに見えてしまってしょうがないんですがね。(笑)
声も、長髪美形は全て井上さんに思えるし。

まぁとにかく、今回1番思ったこと。



邵可様がカッコ良すぎるんですけどっ!!

秀麗をかばいくる姿も
しゅすいに「下がっていなさい」と命じる姿も、
袖から忍者道具みたいなのをスッと取り出すところも、まったくもって

素 敵 す ぎ ま す か ら 。

邵可様はホント素敵すぎる。好きすぎる。
良き心を母親の胎内に残して生まれてきたと。そこまでなんだなー。
この邵可様の姿だけで、私は満足です。

璃桜が風に髪をなびかせて

「私の薔薇姫は月も霞むほど美しかった」

「私のものだよ」

と。
薔薇が散ってる!薔薇が!!(笑)
本当にギュンターにしか見えなくなってきました。
実際、原作読んでてずっと、脳内では井上さんの声で流れてましたから。


今日も迷子になっている絳攸。
「ふこに翼が生えて飛んでいったのか!?」
と、言ってることが大分可愛らしい。

静蘭はその縹家について、劉輝に探させようとしてる。
けど、あまり緊張感のない劉輝にイライラ気味。
静蘭、顔が悪人ー。(笑)
始終無愛想な悪人面をしている静蘭にときめき。


影月と香鈴は、プラトニック・ラブーって感じでほのぼの。
影月も小さい小さいって思っていたけれど、香鈴はもっと小さい。

てかねー影月ー。

「僕のことは忘れて幸せになってください」

と言いながらキスするのは、やめませんでしょうか?
きっと、余計に忘れられなくなると思うのよ。
だから実際迎えにきたけどね。

もう出ないと思ってしまった堂主様@遊佐さんも出て満足。
楸瑛@森川さんは今回もまた出番少ない。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。