[PR] レーシック ラティング+GOAL!2 感想
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 05月 26日 (土) 16:11 | 編集
 
内容の感想がまともに書けませんので予めご了承くださいー。
面白かったです。感動です。

トキメキです、櫻井さん!!


GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦

この映画は3部作なわけですが、今回2作目。



栄華の道を上って、急降下して、頑張ってまた上って最後はハッピーみたいな展開です。
ありきたりというか、お決まりの展開とは思われますが、落ちた時の
お相手のヒロインの女性の涙にワタクシ、相当キまして。

表示されてた『僕の中に君がいた』みたいな(はっきり覚えてない)
フレーズが最高!って思った。本気で目頭が熱くなってきて。
こうやってね、カップルって絆を深めていくものなんだよ。(笑)

私は、恋人同士のすれ違いとか、そういう展開が大好き。

サンティアゴとロズとの関係はすれ違いばかり。
サンティが調子に乗りすぎなんだよな。
移籍しちゃうし豪邸買っちゃうし超高級車を買うわ怒鳴るわ浮気だわで。


でも結局は、選手としての没落と共に自分の過ちに気づくサンティアゴ。
最後の決勝戦の前に電話で「やり直してくれ」とのラブコールで、2人の仲はめでたしめでたし。
てゆーか、否定しないのは潔いっていうか・・・開き直るなよ。(笑)

***

あなたには魅力を感じない。引き止める。できるの?見ていろ
みたいなやり取りがありまして(セリフめちゃくちゃ)それにとてもトキメキました。
そのまま押し倒したがね。サンティアゴ。
やばい。エロかった、櫻井さん!!(笑)

洋画にはお決まりのベッドシーンですが、期待してたのですが(笑)
最初の方に1回だけでした。
そのシーンがきた途端、隣に座っていた小学生と思われる少年共が声を上げまして。
「エロい、エロい」言ってました。そりゃそうだ。
洋画だもの。(笑)

櫻井さんのこういうシーンの息遣いは専売勅許なのかな、と思ったのですが、
イマイチ良く聞きとれなかったのが残念でした。(笑)
この映画は全体を通して「愛してる」を連呼しているので、その点は結構オイシイかも。

ただ、その同じ「愛してる」という言葉の重みにも差があります。
山場に言う「愛してる」なんて、もう、ホント涙を誘いますから!
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。