[PR] レーシック ラティング+第7話「よく泳ぐ者は溺れる」
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2006年 06月 01日 (木) 00:00 | 編集
前ブログより引っ張り出してきました。

彩雲国物語
>第7話「よく泳ぐ者は溺れる」




劉輝の「兄上・・・」は涙声で可愛かったです。
しかし、静蘭の目とか大きすぎて違和感多大。
やっぱりアニメって・・・。

嫌われるもなんでも、劉輝の思考は秀麗中心。

劉輝は秀麗をまたもや抱き締めました。
こういう時には抱擁って相場は決まってるんだー。(笑)
でも劉輝は、秀麗をしっかと抱き締めちゃってるくせに、倒れたのに気づくの遅くないだろうか?

所変わって楸瑛と絳攸。

絳攸の後ろから囁きつつ、手を握っちゃってますけど!?
さらに絳攸がもたれ掛かってきて、「バカな女だ・・・」と涙を流して泣く。
さーて、

どうしてこんなにホモホモしいのだろうかな。

森川さんの声は色気がありすぎてやばいと思う。
檜山さんの擦れた泣き声もトキメキ。
そこは確かに、すごーく良かった。ときめいた。

けれど、どうしてこんなに危ないの?
原作はもっと普通のはずだったんでは!?
アニメの彩雲国は狙いすぎです。(笑)


で、結局霄太師は何者なのんだろうか。
いきなり若返っちゃって、怖い。

「最後まで意地っ張りなやつだな」「お前を愛していたよ」

こやつらの関係は、ナニ・・・?
朝廷で50年も過ごしたのは誰のためなんだか。

皆に「くそ爺」と言われている霄太師に笑えました。
楸瑛は劉輝の口を塞いだりして、今回は彼関連のサービスが多い。

秀麗が王宮を立つ際、とうとう劉輝のバイ事実を告げて。
やっと言ったか、という感じなのですが、原作に出てきた『両刀』という単語が出てこなかったのが残念。(笑)

と、公衆の面前でコトをやらかした劉輝ですが
なんか違うよ。やっぱいろいろ。
叩くタイミングとか、両刀宣言するタイミングとか。

やっぱりアニメなんだよな・・・。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。