[PR] レーシック ラティング+セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~#12
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 06月 24日 (日) 10:02 | 編集
■セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~
>第12章「暗黒の聖霊祭」

気がついたらセイント・ビーストの感想は2話以降書いてませんでした。
せっかくカテゴリ作ったのに。



今回はまー、普段のようなあからさまなホモ要素はなかったような。

今回、ゴウガイコンビが妙に愛おしく感じます。
頭をぐりぐりやるゴウがすごく好き。
ルカがユダの肩に手を乗せるところなんか、特に主張する必要はないんじゃないかな!

聖霊祭に戻ってきたキラとマヤ。
これが噂(イベントのシャッフルトークにて)のシーンかぁー!!(爆笑)
キャッキャとはしゃぐ、本家ガイとマヤは、こんな感じなんだわね。
ゴウを演った宮田さんの姿が脳裏に浮かんできて、思わず爆笑。

てか、森川さんが演じるキャラの微笑みって全て胡散臭く見える気がする。(偏見)
サキと休戦協定を結んだゴウ。握手、あくしゅ!
サキってばツンデレ?(笑)
ゴウ@森川さんの「俺はずっとでも構わないぞ」が、すごいヤらしいー。
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。