[PR] レーシック ラティング+鬼畜眼鏡プレイ感想(3)
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 09月 03日 (月) 16:36 | 編集
ゲームプレイの感想。
ここ最近は宿題に追い込まれてましたが、それにもようやく開放されたんで、のんびりとプレイ。

と、言いつつもやってました。
大絶賛ピンチ中にも関わらず、現実逃避でゲームしてました。(笑)

その甲斐もあり、克哉×本多ルートと五十嵐×克哉ルートをクリア出来ました。



■克哉×本多ルート
いやー、なんか良かった。特に最後の終わり方!
あそこで離れ離れになっておしまい、っていうのにも信頼を感じるけれど、
やっぱり王道は追いかけ形?(笑)
と、
鬼畜克哉本人は認めていないけれど、どう考えたってあれは追いかけだしねー。
なんだかんだあって殺されそうにもなったけど、終わりはハッピーエンドっぽくて良かった。
本多いいなー!

見つめ合っている様子にとてもトキメキました。

漫画や小説の挿絵ならいいんですが、イタシテいるシーンのカラー絵って非常に照れます。
直視するのすらも恥ずかしい。
本番をイタシテいるモザイクかかっちゃうようなCGよりも、表情の部分だけの方が好き。


■五十嵐×克哉ルート
プレイ当初は、まさかコヤツに攻められるとは思ってませんでした。(笑)
片方は大の男をたくさん攻めている鬼畜男なのに、眼鏡を取るだけでこーなるのかと、少々感服です。
これはもしや、もしかしなくても年下攻めか。

というか、「克哉×五十嵐」という選択肢がないのが残念。
普通にありえそうなんだけど。
寧ろ、えっ!?と思ったのは「克哉×本多」のルート。
御堂さんは綺麗系の人だから、攻められも普通に納得なんだけどな。(笑)

太一は可愛かった。
「やったー」とか、そういう系のセリフが実に可愛かった。
まさか家がヤクザ屋さんだとは思ってませんでしたが
マスターは、やはりそうだった。(笑)

***

これで鬼畜ルートはコンプリート。
残るはノーマルルート。

御堂×克哉と本多×克哉と、あと細々としたやつと・・・。
攻略サイトを見ながらやっているので楽チン。(笑)
そして今さらではありますが、ひとつ。

楽しいですね。このゲーム!

鬼畜眼鏡 初回限定版
鬼畜眼鏡 初回限定版


***

そういえば、ドラマCD化やコミック化もされるそうで。
一体どの組み合わせでくるのかが楽しみ。
私は鬼畜克哉×御堂を推してます!(笑)
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。