[PR] レーシック ラティング+眞マ国の休日 プレイ感想(2)
森川智之さんLOVE。安定の腐女子。
ラティング+
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2007年 09月 28日 (金) 22:31 | 編集
今日からマ王 眞マ国の休日
今日からマ王!眞マ国の休日


順を追って、落ち着いて(←出来るだけ)感想を書いていこうかと思います。
一応最後までは到達しました。
ネタバレありです。でもかなーりてきとうな感想です。



まずオープニング。
「走るんだ!」は好きだから別に良いのですが・・・
肝心な絵が、どうして大半使いまわしなの!?
新カットもいくつかありますが、それだって中身の引用だし。
アヒル船長を見つつ物思いに耽るコンラッドは萌えるからよし。(笑)

肝心な本編(?)ですが、いちいちルートが分岐されてるから感想が書きにくい。

>第1幕 エピソード1 「お城の片隅で愛を叫ぶ」
・話の内容としては、閣下マのクマハチエピソードのifみたいな。
・1人部屋を奪還しようとするユーリが、誰と迎賓棟へ行くかが選べるっぽい。
私は「側近控室」を選択。
・迎賓棟は眞王の代から建っているらしいです。えっ、4000年!?

・ユーリになら手でも胸でも命でも、自分の部屋でも差し上げちゃうコンラッド。
いやいや、最後のそれは言ってませんから!(笑)

・クマハチの幼生の糸にユーリ諸共コンラッドまで巻きつかれちゃってますが、「参ったな・・・・・・」なんて言ってる彼は、絶対わざと巻かれたんだと思える。
・繭の中に閉じ込められているCGのコンラッドの表情がヤーらしいんだ。

>第2幕
・勝利のやってるギャルゲーのゆーりちゃんが可愛い。
>エピソード2 「年の瀬は悪魔のしらべ」
・時間的には年末。仕事も終わり、眞魔国にはないという『忘年会』を提案するユーリ。
・無礼講を主張するけれど、さすがに魔王陛下にそれは出来ない、と言われてしょげ、挙句の果てにアニシナの発明品にまで頼ってしまうユーリ。うーん、グウェンの悪い予感大的中か。(笑)
・とりあえず『野球場』を選択してみた。そうしたらコンラッド(他多数)が野球してた。
・グウェンダルの『重いコンダラ』に笑った。
・コンラッドは酔ってるのかな、というユーリ。ぱっと見は変わらないけれど。
・「俺に惚れたら怪我するぜ?」な彼は、絶対に口説き上戸なんだと思う。(笑)あーこれは酔ってる。
・「今は寂しいの?」「そう言ったら、どうします?」と、ここからもの凄いなんかアヤシイ雰囲気に。うーわー!めっちゃ口説いてるんだけどー!!ああ、このまま二人きりでどこか旅へ行ってしまえってっ!!

「あなたを胸に抱いて、二人だけで旅をしたい
ここを離れて、ずっと遠くへ・・・・・・」


なコンラッド@森川さんのセリフにクラクラしました。素敵すぎ!
コンラッドの好感度、この時点でハートが4つ。

>第3幕
・ユーリにメイド服を持ってくる村田はどうかと思う。着ては欲しいけど。
・村田の語る天下一舞踏会は怖い。
>エピソード2 「天下無双の舞人祭!」
・天下一舞踏会は4年に1度。ユーリの行ってるのはまるっきり天下一武道会だけど、舞踏会はきっとそのうち、3年に1度になるんじゃないかと予感。(笑)
・ダンスに関して一番技能が高いのはコンラッド。正確、正式なのはギュンターとグウェンダル。だけど身長的に釣り合うのはヴォルフラムだけ。

・天下一舞踏会開始。真っ暗闇の中、誰かの手を取らなくてはいけない。
・とりあえず、『気心の知れた相手なら・・・・・・!』(コンラッド)を選択してみました。
・この辺から思いっきり囁きまくりなコンラッド@森川さん。うーわー!

「そして、恋人との一夜を過ごす者もいる・・・・・・」

だからなんだっつーんだよっっ!!(笑)
・このゲームのコンラッドったらえらく積極的で直接的すぎる。
誰も自分らが組になってことを知らないから、このまま二人きりで過ごしましょう。だそうです。
どうしよう。ユーリったら急に無言になっちゃって、返事しないからコンラッドに流されるままだよ。キケンだー。
・『まさか・・・・・・コンラッド・・・・・・』を選択したら、「冗談じゃないって言ったら?」と切り替えされました。うおうっ、マジ声だ!
・赤い顔になってしどろもどろになるユーリ。主導権は完全にコンラッドのもの。このままでは、絶対にユーリは断らないであろう。この後、どちらかの部屋で何が起こるのかは想像しないでおくけど。
とにかく、なんと言っても森川さんの囁きヤバスww
ああ、なんかよすぎて泣けてきた・・・。(笑)

・女装姿のヨザックに対して、相変わらず胡散臭くて素敵な笑みを浮かべるコンラッド。
・思うけど、ヨザック相手にユーリじゃ荷が重いんじゃないかなー。一応魔王だから大丈夫だろうけどさー。

・ダンスシーンのCGなんか、ホント密着度が高すぎる。
・コンラッドの表情がなんかヤらしいし、なんだぃあのバックったら如何わしい!
・ヴォルフ曰く、コンラッドは『遊び人』らしい。ああ、やっぱり?(笑)
・ここでようやく、みす眞魔国のサラが登場。「唇と唇を・・・・・・」という石田ボイスがヤバイ!!

コンラッドの好感度はハート7つ。

>第4幕
・どうして村田がゆーちゃんの攻略方法を知ってるんだろう。
・弓道部のコンラッド先輩のCGがめちゃ笑えた。ああ、笑みがタラシだ。(笑)
>エピソード1 「人の気持ちを学ぶ1番の方法」
・他の人と入れ替われる、というアニシナの発明品。
・入れ替わるのはやはり『コンラッドだな!』を選択。

・はっちゃけたコンラッドと、落ち着いたユーリ。すっごい違和感ありまくり!!(笑)
・あの森川さんにはキュンとした。櫻井さんもまた、敬語だし、なんか別のキャラみたい。
・中身がユーリなコンラッドは、顔が崩れてる、とギュンターに突っ込まれてしまった。
・「今日の俺は、ひと味違うよ?」なユーリ(中身はコンラッド)がうけた。ときめいたw
・少年時代と大差なし!?とショックを受けるコンラッドだけど、結局それって、元の体との体格や力の問題なんじゃないのかなー。相当強くなってる気はするが。

コンラッドの好感度、ハート8.5。

>第5幕 「ゆらめく時の狭間に」
・実感はなかったけど、ユーリにとっては久々のスタツアらしい。一体時期的にいつの話なんだろう。
・『側近控室』を選択。だけど部屋の主はお留守で、変わりにヨザックがいた。
・宝物庫にいる、ということなんでそこへ行ったら、滑って落ちてコンラッドに抱き留められた。顔近いったら!!

・過去に時間移動。
・幼年時代のコンラッドとヨザックは可愛い。
・「ちっちゃい兄上」「おっきい兄上」というヴォルフなんかヤバいぐらい愛らしい。
・過去ギュンター@井上さんがまた、すごく格好いい。

・ジュリアさんは素敵でした。
・青い軍服のちょっと長髪コンラッドにもトキメク。

・ようやく現代に帰還。ちょっと寝て、夜になったらコンラッドとキャッチボール開始。
・昔、コンラッドは生まれたばかりのユーリに付きまとっていたらしい。
・勝馬に見つかって撮ってもらった写真を糧に過ごしてきたんだとか。オカズかー(おいおい)

幸せそーに密着して「Fin」になった。
ん?イマイチわかんないんだけど、これってコンラッドEDになってるの?
ハートはいつの間にやら満タンになった。
大好きなんだなーお互いに。

なんかよく分からない感はありますが、
とにかくこのゲームは森川さんボイスがよくって最高に良い。
(なんなんだこのまとめ・・・・・・・・・)
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ラティング+ all rights reserved.
designed by polepole /phote by 10minutes+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。